«前へ  | HOME |  次へ»


下弦の月

十二国記、景麒×陽子の
二次創作R18小説ブログです。
カプは景麒×陽子オンリーのサイトです。
ご理解いただいた方のみご閲覧下さい。



2017.07.24 | | Comments(0) | 十二国記≪景陽≫

愛人4話

途中


【【……続きを読む】】

2017.01.29 | | Comments(0) | 十二国記≪景陽≫

愛人3話

慶国の麒麟と雁国の王の密談は玄英宮の一室に場が設けられることになった。
立会人として延麒が名乗り出たがどちらからも断られた為、しぶしぶ使令を延王に隠遁させるのみに留めた。
雁の官吏はしっかり者が多いと言われる。
房室の隅まで行き届いて管理された来客用の宮は花が飾り立てられ、園林に面した大きな窓からは豊かな緑が見え、卓には酒や菓子等も並んでいたが、向かい合って座る男二人が醸し出す空気はとてもそれらを愛でるような心境では無さそうだった。
重い空気の中、一見すると延王はくつろいで酒を呑んでいたが、表情にはわずかな冷徹さすら伺える。
同じく沈黙する景麒は、茶を飲むのみに留めた上に、延王と目を合わせようともしていない。
だからといってどちらかが気を遣って喋るわけでもなく、非常に静かな時間が諾々と流れていった。


【【……続きを読む】】

2017.01.29 | | Comments(0) | 十二国記≪景陽≫

『愛人』 2話

景麒×陽子×尚隆の三角関係。
2010/3/8~2016/10/1

+プラス


【【……続きを読む】】

2016.03.11 | | Comments(0) | Trackback(0) | 十二国記≪景陽≫

十二国記≪景麒×陽子≫ 『愛おしい半身』

「しゅ、じょう……っ!」
いつもは冷たく澄ましている彼の声が、掠れている。
「…け、ぃき……っぁ…!」
陽子の声も途切れ途切れに、熱い息を吐いては背を逸らせて、こちらへ圧し掛かっている景麒の欲望の楔を、その身で深々と受け止めていた。

(※性的表現が含まれますので、18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください)
2010/3/8~2016/10/1

+プラス


【【……続きを読む】】

2015.03.26 | | Comments(0) | Trackback(0) | 十二国記≪景陽≫

見下ろす無表情さに愛はあるのか。


(2015/01/18
景麒と陽子のイラスト追加しました。)


※失道ネタ注意。
2010/3/8~2016/10/1

+プラス


【【……続きを読む】】

2015.01.02 | | Comments(0) | Trackback(0) | 十二国記≪景陽≫

十二国記 『愚かな王』 第四話~第九話

景陽小説本『愚かな王』に収録した第四話~第九話を公開します
感想などお待ちしております


*******************************

「御前を離れず、詔命に背かず、忠誠を誓うと誓約する――」

 景麒は異国の少女に頭を下げ、足の甲に額づき、彼女を慶国の王として迎えた。
 景麒にとっては一人目の王を失ってから約一年後のことだった。

 黄海の蓬山で生まれた景麒は、王を選ぶために蓬山を降り、後の予王となる舒覚を平凡な商家で見つけた。
 だが僅か六年で彼女は崩御する。
 景麒が失道の病にかかり、そんな景麒を死なせたくないが為に、舒覚は蓬山へ登って王の位を天へと帰したのだ。
 王は神である。肉体は衰えないが、王であることをやめれば命を失う。
 舒覚は失ったが、失道の病から回復した景麒は次の王を探して蓬莱へと渡った。

 紆余曲折の末に、慶国は再び王を得た。
 王の字は赤子。元を赤楽と改めた彼女の赤王朝は、それから悠に百年を越えて、慶国に安寧をもたらしたのである――。



2010/3/8~2015/12/10 ※

+プラス


【【……続きを読む】】

2013.06.04 | | Comments(0) | Trackback(0) | 十二国記≪景陽≫

十二国記  『愚かな王』 第三話

第三話。
尚隆×陽子の描写が含まれます。

2010/3/8~2015/12/10 ※

+プラス


【【……続きを読む】】

2013.03.16 | | Comments(0) | Trackback(0) | 十二国記≪景陽≫

十二国記  『愚かな王』 第二話

第一話の続きです。
浩瀚×陽子の描写が含まれます。
2010/3/8~2015/12/10 ※

+プラス


【【……続きを読む】】

2013.03.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | 十二国記≪景陽≫

十二国記  『愚かな王』 第一話

なんとなく昼ドラのようなイメージになりました…^^;

景麒×陽子を主軸とした、陽子、景麒、浩瀚、尚隆の四角関係のお話です
浩瀚×陽子と尚隆×陽子の描写があります

2010/3/8~2015/12/10 ※ 

+プラス


【【……続きを読む】】

2013.03.09 | | Comments(0) | Trackback(0) | 十二国記≪景陽≫

«前へ  | HOME |  次へ»

カウンター



当サイトへのリンクについて

URL
http://konpeki0317.blog.fc2.com/

バナーURL
http://0515.kagennotuki.com/banner.gif


18歳以上の方に限りリンクフリーとなっております。リンクを貼ってくださる際は『R18』を明記した上で、URLに間違いが無いようにお願いします。

プロフィール

konpek

Author:konpek

検索フォーム

にほんブログ村 に参加してます

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村 ←このブログを気に入ったらクリックしてね